TOP > コラム > aga治療を東京で検討するなら

aga治療を東京で検討するなら

男性の方は加齢と共に髪の量が減少して薄毛となるケースが有ります。
これは男性ホルモンの働きによって発毛サイクルが正常にまわらずに髪の毛が生えて来なくなる事が原因として挙げられます。
この場合の取組としましてはaga治療を行う事がお勧めです。
これは最初にagaによる薄毛であるかの診断を実施した後に飲むタイプの発毛剤を処方する事に加えて、頭皮に塗布する発毛剤も処方してくれます。
これからaga治療を東京で検討される方は、多くのクリニックの中から希望に合致する場所を選定してゆく必要が有ります。
この際にお勧めなのがaga治療の比較サイト活用です。
ここでは希望する地域であるとか、治療方法など希望条件に合致するクリニックをスピーディーに絞り込む事が可能です。
また各クリニックの特徴を確認しながら検討を進める事が出来ます。



aga治療を東京で受けるメリット

agaは男性ホルモンの影響が大きい男性型脱毛症のことで、成人の男性に多いと言われています。
そして、この種の脱毛症の場合には、aga治療を専門に行っているようなクリニックを受診すると治る可能性が高いはずです。
この場合には、内服薬のプロペシアや外用薬のミノキシジルを使った薬物療法、育毛成分を頭皮に注入するメソセラピーや自毛植毛など、いろいろな治療法が選べますが、特に東京の場合には、aga治療専門で実績のある医療機関が多いので、クリニックを探しやすいと考えられます。
また、東京のクリニックの場合には、高度な技術を用いた治療法を行っていたり、治療前にしっかりとカウンセリングをして一人ひとりの状態や体調に合った治療を提案するようなところが多いので、その点でも自分に合った医院を選べる可能性が高いと言えるでしょう。



aga治療における東京の病院の相場

aga治療を東京の病院などで受診する際に注意したいのが、治療方法によって金額などが大きく変わるという点です。
保険の適用ができないため、内容を把握しながら正しく治療を時間をかけて進めなければなりません。
飲み薬によるaga治療を選択した場合、主にフィナステリドを利用したプロペシアを活用します。
プロペシアを利用する際にかかる金額をみていくと、一般的な相場でおよそ1ヵ月分だと7000円から1万円程度になります。
その一方で塗り薬を利用すると8000円程度で対応することができますが、主にミノキシジルが含まれている塗り薬となります。
頭部へ直接塗っていくことによって、毛細血管を徐々に拡張させていきます。
細胞も活性化させますが、市販の塗り薬で効果が出ないと5000円以上無駄になってしまうこともあります。
そこで塗り薬を活用する人が多く、効果を数ヶ月で発揮することができます。

次の記事へ