TOP > コラム > 薄毛治療に役立つ医薬品とその特徴を知る

薄毛治療に役立つ医薬品とその特徴を知る

 薄毛治療は現在では積極的に行われており、その治療方法も様々な種類があります。初期の薄毛の場合は薬だけでも改善できることが多く、飲み薬や塗り薬が処方されることが多くなっています。
 どんな医薬品が利用されているのかも知っておきたいですが、プロペシアは特に選ばれている薬です。
 この薬は主成分がフィナステリドとなっており、一日一回、一錠を服用することで、薄毛の進行、抜け毛防止に役立ってくれます。
 薬を飲むだけで簡単に行える治療であること、薄毛治療の中でも特に低価格で治療が行えるということで人気の高い治療方法です。頭皮に直接つけるミノキシジルと併用することでさらに効果があがりやすいこともあり、両方を使用している人も多くなっています。


 プロぺシアがなぜ薄毛の改善に役立つのか、その特徴も知っておきたいですが、その主成分であるフィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療に開発された薬で、薬を使った人に髪が増えた効果が見られたことから男性型脱毛症の治療にも採用されるようになりました。
 この薬はテストステロンが脱毛の原因となるジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐ効果が期待できる薬です。テストステロンは5αリダクターゼと結びつくことでジヒドロテストステロンとなりますが、この薬を飲むことで、5αリダクターゼの働きを阻害することができ、その結果ジヒドロテストステロンの発生を防ぐことにつながります。
 この薬は薄毛治療を行う皮膚科や専門のクリニックなど多くの医療機関で処方してもらうことができます。


 プロペシアを利用すれば薄毛の進行はかなり抑えることができますが、すぐに効果が出るわけではありませんので、効果が見られないからとすぐにやめてしまわず、しばらくは薬を続けていくことが大切です。
 そして髪のボリュームが出た、抜け毛が減ったなどの結果が出たらそれで薬をやめて良いというわけではなく、効果を持続させるためにはさらに長期に薬を続けていく必要があります。
 プロペシアは効果的な薬ですが、飲みのをやめてしまうと髪はまた元の薄毛の状態に戻っていき、また最初から治療をやり直さなくてはならなくなってしまいます。それゆえ、良い状態をキープするなら長期に薬は続けていきたいところです。
 保険適用されないので長期となるとコストも気になってきますが、薬の価格はクリニックごとに違いがありますので、よく比較して安く購入できるクリニックを見つけておきましょう。

次の記事へ